お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 贈る時に気を付けなければいけないマナー

贈る時に気を付けなければいけないマナー

 開業というのは人生において大きなイベントであり、身近な人が開業する際には祝いを贈ることになるのではないでしょうか。しかしいざ開業祝いを贈る時になれば、悩むポイントは数多く存在しているはずです。ただ贈れば良いという問題ではないことは確かです。
 まず第一に頭に置いておかなくてはならないのが、開業祝いを贈るタイミングです。基本的には開業日の一週間前から前日に到着するようにするべきとされています。当日でも問題はないと考えてしまいがちですが、オープン初日は何かと慌ただしくなってしまうことが多いので手間をかけさせないためにと、当日は避けるようにしておくことがポイントとなってきます。

火を連想させてしまうので赤いものは相応しくないなど、開業の祝いとなれば贈るもので良しとはされていないものもあります。しかし基本的なマナー以外にも気をつけておかなくてはならない点もあります。
 開業と一口に言っても、飲食店や美容院、クリニックなど様々ですが、何を贈るのかは開業する内容に合わせて変えておく必要があります。飲食店となれば香りのキツイ花は喜ばれません。シーンに合わせて変える必要がありますが、無難なものといえばやはり花と考えるのは当然のことではないでしょうか。
 香りがきつくないものや、プリザーブドフラワーを選ぶというのも一つの手段となっています。その際には、施設の規模にも注目しておく必要があります。あまり大きくないのに大きな鉢植えや置物を贈ると、かえって迷惑になってしまうので事前に規模の確認はして起きましょう。

 お世話になっている人や親しい友人の開業となれば、良かれと考えて高額なものをプレゼントしてしまいがちです。しかし、あまりに高額なものとなれば相手がお返しで頭を悩ませることになるので、妥当な金額はいくらかという相場もしっかりと考えてから選ばなくてはなりません。欲しいものを聞くことができる関係性の場合には、事前に聞いておくのも良い方法といえます。
 開業前に祝いのパーティーが開かれ、そこに参加する場合にはパーティー時に祝いを渡しても問題はありません。開業日を過ぎてしまっても祝いを贈るのはマナー違反というわけではありませんが、その際には遅れてしまったことに対するお詫びも一言添えておくようにしておくべきです。
 しかし、あまりに遅れてしまった場合には送らない方が良いこともあるので気をつけて起きましょう。マナーを守ることが開業祝いを贈る際には欠かせません。

次の記事へ