お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 開業祝いでも喜ばれるのが電化製品

開業祝いでも喜ばれるのが電化製品

ギフト用品と言えば特別な日に贈るもので、お祝いなどの時は必ず贈りあう習慣があります。
お祝いと言ってもたくさん種類があり、出産祝いや新築祝いそして結婚祝いもあります。
またお店を開業した時の開業祝いと言うのもあり、友達はもちろん仕事関係の人へも贈るようになります。
どんなお祝いでも必ず喜ばれる品物がありますが、まず一番はお金でご祝儀や御祝は使い道が選べるからです。
また品物であれば電化製品も人気があり、値段が高い電化製品はギフト用品でもらえると喜ぶ人が多いです。
開業祝いで贈る電化製品であれば、お店に置くような時計そして掃除用品がおすすめになります。
時計であればおしゃれに英語で名入れしてもらい、お店のインテリアとして使ってもらうことができます。
また掃除用品はお店のがあるはずなので、小さなクリーナータイプなどが向いています。



贈ってはいけない品物がある開業祝い

お祝いと言うと出産や結婚などがあり、他にも就職や開業祝いなどビジネス関係もあります。
どのお祝い事にもマナーがあるので、贈っていけないものや使ってはいけない言葉などがあります。
今はお祝いのマナーも昔ほどは厳しくないものの、知っておかないと社会人として恥をかいてしまいます。
開業祝いには火や赤と言うのが悪いイメージで、火は火事になる事や赤はビジネスが赤字になる理由があります。
ですから火や赤をイメージするライターやキャンドル、そして灰皿や真っ赤なお花も贈るのはマナー違反になります。
若い年代の人はあまり気にしなくなっていますが、年代の高い人はマナーに厳しい人が多くなります。
お祝いを贈るときはきちんとマナーを確認し、相手のビジネスに合った品物を選ぶのが大事です。
また品物に添えるカードにも、縁起の悪い言葉は使わないようにする事です。



開業祝いを贈る際に気をつけるマナー

身近な人やお世話になった人が開業するのは大変おめでたいことであり、その際には開業祝いを贈ることになるのではないでしょうか。
しかし長い人生の中でもそう頻繁にあることではないという人が大半であり、いざ贈るとなればマナーがわからないという人も多いのではないでしょうか。
その際に気をつけておかなくてはならないのが贈る品物です。
贈る相手に欲しいものを聞くことができる関係性ならば問題はありませんが、そうではない場合に開業祝いは花を贈るのが無難と言えることは確かです。
その際に気をつけておかなくてはならないのが、花のカラーです。
赤色の花は火を連想させるので開業祝いとしてはマナー違反となってしまいます。
相手の好みの色が赤色だったとしても、開業の祝いでは赤色の花は避けるようにしておくのが大人としての常識といえます。

次の記事へ