お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 開業祝いとして最も無難なものとして

開業祝いとして最も無難なものとして

知り合い、友人などが新しく店を開き、開業したとなりますと開業祝いを渡すのが礼儀になっています。
何か物を贈るわけですが、最も無難であるとされているのが、花になります。
或いは観葉植物なども一般的でしょう。
まず、お祝いの花束というのが見栄えがしますとそのまま店に飾ることができるでしょうから、よいといえます。
花の種類や色などにも気をつけるようにしましょう。
店舗型の商売の場合、赤の花は火事を連想させるとか当然ですが紫は喪に近いから駄目とか色々とあります。
但し、そこまで厳格ともいえないような礼儀、マナーですから、相手が赤が好きというのがわかっていたりしますと問題はないこともあります。
鉢植えの場合は置く場所の問題もありますから、贈る時にはスペースがあるのかどうかの確認をしておきましょう。
花束であれば基本的には消費期限がそんなに長くなく、場所も取らないので気を使うことなく贈れます。



開店・開業祝いを贈るタイミングとマナー

開店・開業祝いを贈る時には守るべきマナーがあります。
新たな旅立ちを応援し、お祝いするためにも礼儀を尽くし、失礼のないよう心がけましょう。
お祝いや記念品を贈る場合は、開店・開業日の1週間前から当日までに贈るのがマナーです。
開業日を過ぎてしまった場合は、遅くとも1ヶ月以内には贈るようにします。
もし数ヶ月も経過してしまった場合は、名目を開店祝いではなく「祈御発展」に変更しましょう。
祈御発展には事業の発展を祈るという意味があるので、先方を困惑させることなく、お祝いの気持ちを伝えることができます。
金品ではなく花を贈る場合は当日の午前中に贈るようにします。
開店・開業前は準備で忙しいため、先方に時間を取らせないよう事前に連絡を入れておくとよいでしょう。
お祝いを贈るのはできるだけ早い方が喜ばれます。
日程に余裕を持って用意したいですね。



開業祝いに喜ばれる贈り物と注意点

開業祝いの贈り物で喜ばれるのは何といっても現金や商品券です。
相手との関係性にもよりますが、金額がわかる現金や商品券は生々しく失礼と考える人もいます。
現金や商品券を贈る場合は相手を選びましょう。
金額を知られず、相手が好きなものを選べるという点でカタログギフトも贈り物として人気です。
開業後、すぐに使える日用品や足りない備品などを揃えられます。
開業祝いに限らず、カタログギフトは移転・引っ越しなど様々なジャンルに特化したサービスが増えてきています。
贈るシーンや相手に合わせることが容易で、失敗が少ないのでおすすめです。
ただし、カタログギフトは味気なく気持ちが感じられないという人もいるので、一言メッセージを添えるとよいでしょう。
開業祝いの定番の花や観葉植物は、「根を張る」という意味がある鉢植えが喜ばれます。
手入れがしやすく、オフィスやお店の雰囲気にあったものを選びましょう。

次の記事へ