お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 開業祝いには、縁起の良い観葉植物を

開業祝いには、縁起の良い観葉植物を

会社を設立したり、お店を持ったり、自分が代表になるという夢は誰にでもあるわけではないと思われますが、向いていらっしゃる方も多いのではないかと思われます。
夢を持ち、資金を集め、叶った際には、嬉しいことよりも、不安も大きなものになるのではないかと考えます。
そして、努力の結果晴れて開業となる日には、ちょっとしたパーティーを開かれることも多いと思われます。
お世話になった方々にお礼なども込めたりする目的もあり、盛大とは言わなくても、心ばかりでも、お披露目をしたくなるのは当然というよりも、マナーになっているようです。
お祝いに駆け付ける際には、開業祝いの品々を持参することになります。
中には、シビアにお祝い金を持参される方もいらっしゃるようですが、大半の場合、お花や、観葉植物などが多いように見受けられます。



開業祝いを贈るタイミングやマナー

知り合いが開業する場合には、お祝いの気持ちを込めて開業祝いを贈ることになりますが頻繁にあることではないという人が大半であり、マナーで頭を悩ませることも多くなるのではないでしょうか。
その際にまず頭に置いておかなくてはならないのが、タイミングです。
基本的には開業の一週間前から当日に贈るようにしておきましょう。
しかしそれ以前に開業を祝うパーティーなどがあり参加する場合には、パーティーに持参していくべきです。
もちろん贈る品物によって、タイミングも考えなくてはなりません。
現金ならば上記のタイミングで問題はありませんが、開業の祝いで現金は避けたいという場合に多い品物としてはやはり花になるのではないでしょうか。
花となればあまり早いタイミングでは開業当日には枯れてしまうこともあるので、タイミングにはさらに気をつけなくてはなりません。



開業祝いに、心をこめたお花のプレゼント

お店やオフィスを彩る華やかな花は、開業祝いにピッタリですね。
でも、実際に選ぶとなると、花のチョイスに迷ってしまう方も多いかもしれません。
どんなものがふさわしいか、なにが喜ばれるか、選ぶ基準がわからずに悩んでしまうのかもしれません。
 「定番」と思われるものは何種類かあります。
まずは胡蝶蘭、とても見栄えが良く長期間楽しめる花ですが、予算が少ない場合は不向きでもあります。
ある程度のサイズ感がなければ、並べた時に見劣りしてしまうからです。
 次に観葉植物。
インテリアのワンポイントにもなり癒しにもなりますね。
 そして、フラワーアレンジメント、こちらは、華やかでお祝いのシーンにはお似合いですね。
ただ、花粉の跳ぶもの、香りの強いものは飲食店や病院などにはふさわしくありません。
また、赤字や火事を連想させることから、赤い花を嫌がる方もいるので避けた方が良いでしょう。

次の記事へ