お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 開業祝いに現金や商品券を贈る際のマナー

開業祝いに現金や商品券を贈る際のマナー

身近な人が開業した時には、お祝いと成功の気持ちを込めて開業祝いを贈ることになるのではないでしょうか。
その際には品物選びで頭を悩ませることになりますが、実用的で確実に使い道があるという理由から現金や商品券を選ぶと言う人もめずらしくはありません。
しかしその際には、気をつけておかなくてはならない点もあります。
まず第一に、現金の場合には必ず新札を準備するようにしましょう。
旧札はマナー違反となります。
あまり少額も包むべきとは言えません。
現金や商品券といった金額がはっきりわかるものを目上の人に贈るのは失礼にあたりマナー違反と考える人も中に入るので、贈る相手によっては現金や商品券は贈るべきではないと言うことも頭に置いておかなくてはなりません。
無理のない範囲内で、喜んでもらえる金額と品物を贈るようにしましょう。



開業祝いにはお花や雑貨にお手紙を添えて

開業祝いには何を送れば良いでしょう。
たくさんの人が悩むのではないでしょうか。
一般的にはお花や雑貨を送ることが多いです。
お花はやはり胡蝶蘭が立派で華やかですね。
色や大きさや金額も様々で開業された方との間柄や親しさなどでわかると良いでしょう。
小ぶりなものでも気持ちがこもっていればきっと喜んでくれます。
観葉植物も場の空気を浄化してくれるのでオススメです。
また、雑貨といってもいろいろあります。
お店に飾れる物では時計や置物、鏡などが浮かびます。
また、食器など普段使うものでも便利ですね。
そして、忘れてはいけないのが物やお花に添えるお手紙です。
お祝いする気持ちが何倍にも伝わるので是非ともお手紙は書いて一緒に送りたい所です。
短い文でも綺麗な字でなくても構いません。
おめでとう、という気持ちを込めて書きましょう。



開業祝い、先方に喜ばれるものを贈るためには

開店や開業など、自営で何かを始める、それは人生における大きなチャレンジだといえます。
人生の大切な区切りをお祝いする、そんな時に、万が一、失礼があってはいけません。
マナーにのっとって、先方から喜ばれる開業祝いにしたいですね。
お祝いを贈る時、まず、気になるポイントは、「何が喜ばれるか」ということと、「贈られて迷惑なものがあるのか」ということです。
無難なものとしては、現金やカタログギフトなどがあるでしょう。
先方に直接、何が良いかを伺うのも良いですね。
でも、サプライズで贈りたいとか、自分で選んで気持ちを伝えたい場合は、お花や観葉植物などはいかがでしょう。
あらかじめ、お店やオフィスの大きさと雰囲気を確認してふさわしいものを選ぶと良いですね。
 お祝いを贈るタイミングですが、遅くとも1週間前から前日までには届けた方が良いでしょう。

次の記事へ