お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 開業祝いの品物選びのポイントとは

開業祝いの品物選びのポイントとは

親しい人やお世話になっている人がお店を新たにオープンさせる際には、開業祝いを贈ることになりますが、そう頻繁に贈る機会があるという人は少なく、いざ贈るとなれば品物選びで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
どんなお店をオープンさせるのかによる違いもありますが、品物のチョイスはかなり重要なポイントとなってくることは確かです。
先方に必要なものを聞くことができる場合には、事前に確認して起き本当に喜んでもらえる必要なものを贈るようにして起きましょう。
確認が取れない場合や、サプライズで祝いを贈りたいという場合には、最低限のマナーは守るようにしておかなくてはなりません。
火気類や赤い花は、火事や赤字を連想させることになるので開業祝いとしてはマナー違反になってしまうということは頭に置いておかなくてはなりません。



開業祝いを贈る時期とマナーとは

開業や開店のお知らせを受けた際に、開業祝いを贈ろうと考える人も多いのではないでしょうか。
お祝いの気持ちを伝えたいと考えるのは良いことですが、ただ贈れば良いという問題ではありません。
贈る際には、まずタイミングに気をつけるようにして起きましょう。
お祝い金や、記念品を贈る場合には早い時期のほうが喜ばれるので知らせを受けた日から、なるべく早い段階で贈りましょう。
しかし花を始めとした枯れたり腐るものは、開業に合わせて手配しておく必要があります。
開業当日には、何かと慌ただしくなっていることが多いので前日に届くようにして起きましょう。
しかし前日にはまだ準備ができていないという場合には、対応に追われることになれば迷惑になるのでタイミングはよく考えなくてはなりません。
開業から大きく遅れてしまうことは、マナー違反となります。



開業祝いの相場と注意すべきポイント

開業祝いを贈る機会は、長い人生の中でもそう頻繁にあることではありません。
その際には、マナーを始めとし頭を悩ませることはたくさんあるのではないでしょうか。
気をつけておかなくてはならないことはたくさんありますが、その中でも気になるのはいくら程度の祝いにすれば良いのかという点ではないでしょうか。
現金や品物に問わず、金額は相手との関係性や親しさによって変える必要があります。
良かれと考えて高額な祝いをする人もいますが、あまり親しくないにもかかわらず高額な祝いとなれば相手が恐縮してしまいます。
それだけではなく、相手が開業祝いのお返しで頭を悩ませることになるので、高額ならばそれで良いというわけではないということは頭に置いて起きましょう。
親しいとなればマナーに気を使わなくても良いと考えてしまいがちですが、親しき仲にも礼儀ありとなります。

次の記事へ