お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 開業祝いはマナーを守って贈ることが大切です

開業祝いはマナーを守って贈ることが大切です

社会人になったら、様々なマナーを身につけておくことが大切です。
マナーを頭に入れておかなければ、自分で気づかないうちに相手の方に失礼なことをしてしまう場合があるからです。
たとえば、友人や知人が開業する際に、開業祝いを贈るときも、マナーを頭に入れておかなければいけません。
まず、開業祝いを贈る時期です。
どんなに遅くなったとしても、開業日の前日までには届くようにしましょう。
特に宅配便などで贈る場合は、早めに手配を済ませておくと安心です。
もちろん、何を贈るのかも重要なポイントになります。
開業祝いで喜ばれる贈り物の代表といえばお花です。
特に古くから日本人に愛されている胡蝶蘭は、お祝いのお花の代表格です。
胡蝶蘭を贈る場合は、根を張るという意味で縁起がいい、鉢植えを選ぶようにしましょう。
また、面倒なお手入れがいらない上、オフィスや病院に安心して置くことができる観葉植物も、開業のお祝いに最適です。



開業祝いを贈る場合の大事なポイント

お店や会社など起業をすることが人気で、今はインターネットに関するビジネスが増えています。
そこで知り合いが起業したとき贈るのが、開業祝いというお祝いになります。
このお祝いにはマナーがありますので、贈って良い物や良くない物などもあります。
また贈るときにはポイントがあるので、よく確認してから贈るようにしなくてはなりません。
まずは開業祝いを贈るときは相手に必要な物を聞く事で、これは関係が深い相手であれば気軽に聞くことができます。
お店や会社の起業は様々な物が必要になるので、まだ揃えてない物を贈る事で喜んで貰えます。
ただ相手が目上の人であったり聞きにくい場合、現金を贈ってあげれば必要な物に使ってもらえます。
お祝いと言うと品物のイメージがありますが、お店や会社となると使わないような品物よりお金のほうがありがたいと言えます。



一番役に立つ開業祝いとは何かを考える事

お店がオープンするとか病院を始めるなど、周りで開業する人がいたらお祝いをするのがマナーです。
開業祝いと言うとお店の前に出される花輪ですが、お花はオープンを華やかに演出してくれるので人気です。
しかし数日したら片付けなくてはいけなくなり、お花の処分にも手間がかかってしまいます。
そこでお祝いを贈るときは役に立つ物を考えることが大事で、相手が何を貰ったら喜ぶかがポイントになります。
開業ではお金の出費が大きい時期ですので、一番貰ってうれしいのはお金と言うのが現状です。
しかしながらお金は金額がわかってしまったり、相手によってイメージが良くない場合もあるので注意が必要です。
そんな時にはギフト券や商品券がおすすめで、相手が使ってくれそうな種類を選ぶのが大事になります。
またお祝いを包むときは蝶結びの熨斗袋で、ふくさに包んで持って行くようにします。

次の記事へ