お祝いの品で祝福を…開業祝いギフト通販ランキング

HOME > 開業祝いについて > 開業祝いを贈る時にぜひ知っておきたいマナーとは

開業祝いを贈る時にぜひ知っておきたいマナーとは

友人や知人に開業祝いを贈る場合、ぜひ事前に心得ておきたいマナーがいくつかあります。
まず、祝いの品物を贈る時期についてです。
できれば、開業日の数日前までに、相手の手元に届くようにしましょう。
開業当日や前日は、相手側も多忙であるため、祝いの品物が届いてしまうと、かえって迷惑をかけてしまいます。
次に、贈り物の金額についてです。
あまりにも高額な物を贈ることは避けましょう。
友人や知人である場合は、1万円以内に収めることが理想です。
それ以上の金額の物を贈ってしまうと、相手に気を遣わせてしまいます。
最後に、贈る品物についてです。
複数の人から開業祝が届くということを想定し、他の人と被らないような品物を選ぶようにしてください。
あまりにも一般的過ぎる品物は避け、自分にしか選べないような品物を選びましょう。
但し、個性に走り過ぎて、もらった時に相手が困ってしまうような品物は避けるべきです。
あくまでも、相手が喜んでくれるかどうかを基準に選ぶことが大切です。



開業祝いを贈るときはマナーを守ろう

友人や知人から開業するというお知らせを受け取ったときは、心を込めて開業祝いを贈りましょう。
新しい門出をお祝いする気持ちを込めてお花や記念品を選んで、大人としてマナーを守って贈ることが大切です。
まず、開業のお知らせを受けた日から、できるだけ日が過ぎないうちに贈るのが基本だと言われています。
遅くても開業日の1週間前から前日までには届くように、ゆとりを持って用意することが大切です。
また、開業を祝うためにお花を贈る場合は、開業する日の午前中に届くように気を付けましょう。
最近はインターネット通販を利用して、お花を贈る人も増えています。
オンラインショップも、注文するときにお届け日時の指定ができますので、忘れずに開業日当日の午前中に届くように指定するようにしましょう。
そして、念のために、発送が完了したらショップから連絡をもらえるように依頼しておくと安心です。



開業祝いには現金をプレゼントしよう

開業祝いというのは、何をあげればいいのか難しいかもしれません。
無難なところでは、花です。
ほとんどの人が花をプレゼントするのではないでしょうか。
おめでたいイメージがありますし、花をプレゼントされて嫌がる人はほとんどいません。
しかし、もらう立場としては花ばかりもらってもうれしくありません。
一番うれしいのは、実は現金です。
開業したばかりのときは、開業費用がかかっていますから現金が少なくなって不安です。
ですから、現金をプレゼントされると、とてもありがたいわけです。
プレゼントに現金というのは抵抗があるかもしれませんが、その人が一番ほしいと思うものをプレゼントするのが一番いいのではないでしょうか。
ですから、固定観念にとらわれずに、封筒に入れて現金をプレゼントするのがいいわけです。
封筒に入れるのがポイントで、札束のまま渡すとプレゼントという感じがなくなり、満足度が下がるので注意しましょう。

次の記事へ